個人事業主&法人のための不動産担保ローンガイドin福岡

福岡の個人事業・法人経営者のための不動産担保ローン利用の手引

不動産担保ローンの仕組み

ここでは、不動産担保ローンとはどのようなものか、その概略を説明しています。

そもそも不動産担保ローンとは何か

不動産担保ローンとは、銀行や信販系金融機関・消費者金融業者が実施する、不動産を担保にした融資のことです。

クレジットカードによる融資のように、個人の信用でお金を貸す場合と異なり、不動産の価値に対して融資が行われるため、高額の借入れができる利点があります。

また、一般的に担保を提供しない融資より金利を低めに設定できるため、毎月の返済額を圧縮するために利用することもできます。金利を低めに設定できるのは、万一返済が滞った場合にも担保不動産の売却によって債権の回収が図れるためです。

不動産担保ローンの費用

一般的に、不動産担保ローンの利用には、事務手数料・不動産鑑定費用・印紙代・抵当権または根抵当権の登記費用が必要です。

費用の支払いは、融資実行の際に融資金額から差引かれて支払う場合や別途実費で支払う場合、返済金額に含まれている場合などがあります。

融資金額によっては費用の合計で数十万円になってしまうことがあるので、必要な資金を確保するためにも、あらかじめ融資の諸費用については確認しておいた方が良いでしょう。

返済できないとどうなる?

担保として提供する不動産には抵当権または根抵当権が設定されるので、借入金の返済ができない場合には不動産を失うことになります。金融会社が担保不動産を売却した結果として売却額が返済残額に満たなかった場合は、不足額についても請求が行われます。

住宅ローン以外の借入れで不動産に抵当権が設定された場合は、個人再生などの債務整理によっても不動産の売却を免れることはできないなどリスクもあります。不動産担保ローンを利用する際には現実に即した返済計画をしっかり立てることが大切です。

不動産担保ローンは借換えに最適

不動産担保ローンは、一般の信用貸付より融資限度額が高く、金利が低いことが特徴です。一般に、個人事業主や小規模な法人では、既に金融機関などから借入れを行って返済を続けている場合も多いでしょう。

そのため、金利の低い不動産担保ローンを利用する際に、それらの借入金の返済資金もまとめて融資してもらうようにすると、毎月返済の負担をかなり減少させることができます。

また、不動産担保ローンは納税資金の用途で融資してもらうことが可能なので、滞納税があればその納税資金も一緒に借り入れるのも良い方法です。無理な返済計画さえ立てなければ、不動産担保ローンは複数の借入金や滞納金をすっきり1つにまとめるのに最適な借入れの方法だということになるでしょう。