個人事業主&法人のための不動産担保ローンガイドin福岡

福岡の個人事業・法人経営者のための不動産担保ローン利用の手引

銀行・ノンバンクどちらを選ぶか

ここでは、不動産担保ローンを扱っている銀行とノンバンクの比較を掲載しています。

銀行とノンバンクの融資内容比較

個人事業者・法人向けの不動産担保ローンを取り扱っている銀行とノンバンクから、それぞれ3社をランダムに選んで融資内容を比較、一覧表にしてみました。

銀行 比較項目 ノンバンク
A銀行 B銀行 C銀行 D社 E社 F社
6.00%〜
12.00%
6.00%〜
12.00%
4.80%〜
9.80%
金利 4.5%〜
8.76%
5.00%〜
15.00%
7.00%〜
15.00%
2億円 1億円 5,000万円 融資限度額 3億円 10億円 3億円
5年 20年 25年 返済期間 30年 20年 20年
来店 窓口 窓口 申込み方法 来店 来店 来店不要
自由(まとめ・借換え可) 自由 事業資金 資金使途 自由 自由 自由
融資額×1.05% 融資額×1%+保証委託金額×1% 36,750円 事務手数料 融資額×2.1% 融資額×3.15% 不要
不明 31,500円 不明 繰上げ返済
手数料
返済額×0.5〜
3.0%
返済額×0.5〜
3.0%
返済額×3.0%

使い勝手でノンバンクがおすすめ

上の不動産担保ローン比較一覧表を見ると分かるように、一般的に上限金利は銀行の方が低く設定されている代わりに、融資金額ではノンバンクの方が高くなっています。

また、ノンバンクでは融資の申し込みが来店しなくても可能な会社があることも、特徴的なことだと言えるでしょう。

不動産担保の調査や借入れ目的・返済能力の審査については銀行が比較的厳しく、ノンバンクでは主に担保不動産の価格を重視して融資の決定を行う傾向があります。

そのため、銀行は審査に時間が掛かるので、最短の場合でも融資の実行までに1週間から10日の日数を必要とします。

それに対して、ノンバンクでは担保不動産の価値が分かる書類が揃えば、早いところでは1日で融資が実行できるため、個人事業主や小規模法人などで早急に資金が必要なときに大きな力を発揮します。

不動産担保の価値を最重要視するため資金使途にもあまりこだわらず、余分な運転資金を含む融資や滞納税の支払い資金など様々な用途に利用できることもノンバンクの不動産担保ローンのメリットと言えるでしょう。