個人事業主&法人のための不動産担保ローンガイドin福岡

福岡の個人事業・法人経営者のための不動産担保ローン利用の手引

企業での活用実例集

ここでは、個人事業主や法人で不動産担保ローンを活用した事例・評判を紹介しています。

不動産担保ローンの活用事例

不動産担保ローンが実際の事業運営にどのように活用されているかは、利用者からの評判を調べることで分かります。ここでは、多くの事例から特徴的な活用例をまとめて紹介してみましょう。

【事例1】商品代金が入金されるまでのつなぎ資金に利用

融資額1,000万円/返済期間5年/金利4.6%/毎月返済額19万円

個人事業として輸入雑貨店を運営しています。お得意様からの注文で高額商品を買い付けることになったため、その資金調達に不動産担保ローンを活用することにしました。

注文商品は買い付けの2ヶ月後には確実に購入していただける予定でしたが、想定外の出費になるため代金が入金されるまでの間の運転資金を確保する必要があったためです。

店舗のほかにもマンションを所有していたため、それを担保にしてつなぎ融資をしてもらえることになりました。

2ヶ月後に無事に商品代金が入金され、融資の返済も5年で設定したので、運転資金にも余裕が生まれて現在も安心して店の経営を続けています。

【事例2】複数の借入れを一本化

融資額150万円/返済期間3年/金利13.0%/毎月返済額5万円

キャッシングによる少額の借入れが複数あり、合計すると200万円余りになっていました。まとめて返済したいものの運転資金から捻出するとなると厳しいのが実情で、かと言ってそのまま高い金利を支払い続けているのも勿体ないと思い、自宅を担保にローンで一本化することにしました。

金融会社では、借入れ内容と過払い金の調査まで行ってくれて、現状の返済よりも金利が安くなるおまとめローンを提案してくれました。おかげ毎月7万円ほどあった返済も5万円に圧縮でき、3年間で完済できることになったので非常に助かりました。

【事例3】相続した不動産を担保に起業資金を借り入れ

融資額1,000万円/返済期間15年/金利3.4%/毎月返済額7万円

会社員として働きながら資格を取得。資格を生かして起業するための準備をしていましたが、そのための資金が1,200万円ほど必要なことが分かりました。

銀行に融資の相談に行きましたが、事業の実績がないことを理由に断られてしまい、公庫融資も考えましたが、審査が厳しいということなので半分諦めかけていました。

何か良い方法はないものかとインターネット検索をして、ノンバンクなら開業資金の融資も受けられることを知って相談しました。

幸い父から不動産の生前贈与を受けていたため、それを担保に融資が受けられないか確認したところ、かなりの遠隔地でしたが1,000万円の融資をしてもらえることになりました。

その他の不動産担保ローン事例

  • 中堅ゼネコンの下請けをしていますが、入金の予定日がズレてしまったため、数日後の当座決済分がショートしてしまいました。
    急いで銀行に相談しましたが、手続きに時間が掛かるため間に合わないと言われ、インターネットで見付けたノンバンクに駆け込みました。
    所有していた不動産を担保に短時日で融資が実行され、おかげで無事に当座決済を乗り越えることができました。
  • 産業廃棄物を加工して肥料として再利用する事業を始めたばかりですが、資金繰りに困り銀行に融資の相談をしました。
    しかし実績が上がっていないためどの銀行でも断られて困っていたところ、工場の不動産を担保にすれば借入れができることを知って地元の金融会社に相談に行きました。
    担当の方がスピーディに対応してくれたので2日後には融資が実行され、今は設備も増やして順調に経営を続けられるようになりました。