個人事業主&法人のための不動産担保ローンガイドin福岡

福岡の個人事業・法人経営者のための不動産担保ローン利用の手引

赤字決算の法人の不動産担保ローンは可能?

こちらのページでは、赤字決算の法人でも不動産担保ローンを利用できるのかについて紹介しています。

不動産担保ローンは赤字決算であっても利用できる場合も

法人で赤字決算になってしまうと、赤字決算期間中は銀行などの金融機関からは融資を断られてしまうケースが多いもの。その点、不動産担保ローンは赤字決算であっても利用できる可能性があります。

どうして赤字決算でも融資してもらえるのか?

赤字決算であっても不動産担保ローンを利用できる理由は主に3つあります。

不動産を担保としているため

不動産担保ローンは、融資先からの返済が万が一滞ってしまった場合でも、担保となった不動産を売却すれば融資額を回収することができるため、銀行の融資よりも利用しやすくなっています。ただし、もしも返済できなかった場合は、不動産を手放さなければなりません。

売上実績や事業計画を重視しているため

不動産担保ローンで重視されるのは、その時の経営状況ではなく、過去の売上実績や、これからの事業計画です。そのため、偶然赤字決算になってしまったという場合にも利用できることが多くなっています。

副収入がある場合はそれも含めて判断しているため

これは金融機関にもよりますが、事業収入以外の副収入がある場合、それも含めて融資可能か判断してくれることがあります。例えば不動産による定期的な収入がある場合などは、「事業収入+不動産による収入」として融資の判断をしてくれます。

銀行で融資を断られた赤字決算法人でも大丈夫

不動産担保ローンは、不動産という大きな価値があるものを担保とするため、赤字決算であっても利用可能な場合がほとんどです。

融資プランも幅広く取り揃えられているので、赤字決算で一時的に資金がない場合の、つなぎ融資としても利用可能。不動産担保ローンというと、高額融資を長期的に返済するイメージがありますが、多くの金融機関で短期間での少額の融資プランも用意しているので、さまざまな用途で利用できます。

銀行から融資を断られてしまった場合でも、諦めずに不動産担保ローンを取り扱っている金融機関に相談してみてください。資金繰りに困ったときには、非常に頼もしい存在となってくれるでしょう。

赤字決算でも利用できるおすすめ不動産担保ローン業者を見る>>